このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得



事業案内

パンフレット[デジタル版]

デジタルアーカイブ

デジタルアーカイブ技術で、文化財の記録保存・活用をより高度に具現化させます。


数多くの文化財復原によって得た実績データを
軸に、 高品位で忠実な歴史資産の復原・研究を
サポートします。

貴重資料の撮影
高解像度デジタルカメラによる撮影または、超高解像大型スキャナ(幅2m)によるスキャニング。

  • ※貴重資料の移動が不可能な場合でもスキャナを持ち込み、その場でのスキャニングができます。
  • ※著名なカメラマンとのコラボ撮影もセッティングできます。

貴重資料のデジタル化保存
美術品や工芸品、古地図、古書、巻子、ガラス乾板など劣化が心配される資料を、デジタルデータ化することにより最良の状態で複製できます。そして将来にわたりアーカイブデータとして、さまざまなクロスメディアに利用できます。

フィルム資料のデジタル化
写真撮影はフィルムで撮影していた時代から、急速なデジタルカメラの普及によってデジタル化が一気に進み ました。印刷用に入稿される原稿もそのほとんどがデジタルデータで入稿されます。一方で過去に記録されたフィルム資料は、フィルムのままで保管されていることが多く、現在のデジタル化に対応できていないのが現状です。このフィルム資料は、長期の保存には脆弱で、褪色や劣化が日に日に進行しています。資料を保存する観点から早急にデジタル化を行わなければなりません。
デジタル写真が当たり前となった現在、フィルム資料は、スキャニングによってデジタル化する必要があり、貴重な写真はハイエンドタイプと呼ばれる高性能なスキャナでのデジタル化が急務です。私たちは、いつでもそのご相談を承ることが出来ます。

障壁画などの修復・複製
さまざまな実績のある匠の技術集団による保存修復とデジタル技術とのコラボ制作で、歴史的資料を正確に、かつ確実に複製いたします。


文化財を調査した報告書のデジタル化

貴重な文化財など最新の技術で調査した報告書は、 論文や計測図面、写真図版ページなどで構成され、未来に遺す貴重な資料として、印刷物での発行が一般的です。しかしIT技術の進歩にともない、報告書や図録の電子書籍化、画像検索システムで構成されたデジタル報告書など、印刷用に作成されたデータを再構築し、次世代につなぐための新しい報告書のかたちを、私たちはご提案いたします。


平等院デジタル報告書