事業案内

パンフレット[デジタル版]

メディア・ユニバーサルデザインの取り組み



弊社作成のユニバーサルデザイン
パンフレット

私たちが携わる印刷物は、色や文字の表現方法によって視覚や色覚に障がいのある方には「見にくい」「読みにくい」「わかりにくい」ものになっています。そこで、私たちはさまざまな個性、年齢、そして障がいの有無にかかわらず、あらゆる人が「見やすい」「読みやすい」「わかりやすい」デザイン、すなわち【色のユニバーサルデザイン】に、取り組んでいます。
視覚に障がいがある人のほとんどが色弱者です。その特徴は青や黄色は比較的識別できますが、赤や緑の識別が困難になります。つまり、目立つ色=赤という図式は通用しないのです。以上のことを常に認識し、色だけで表現するのではなく形や線などを使い工夫し、文字も読みやすい大きさや書体にして、字間、行間を詰めすぎないなど、利用者の立場に立って配慮しています。

取扱説明書の分野においても、安全で快適に製品を使っていただけるように【色のユニバーサルデザイン】以外にも、読みやすい文章・構成・レイアウトに配慮した取り組みが評価され、09年には日本テクニカルコミュニケーター協会主催のマニュアルコンテストにて部門優秀賞などを受賞しています。

今後は電子広告やデジタルカタログなどの新しいメディアでも対応していきたいと思っています。長年培った印刷の知識や技術、デザインを生かし、多くの方々に様々な分野で障壁(バリアー)のない社会作りに貢献できればと願っています。